実は関係のあるニキビ跡と毛穴

実は関係のあるニキビ跡と毛穴

ニキビと毛穴に関しては、多くの人が深い関わりがあるということを知っていると思います。ご存知のとおり、ニキビは毛穴が詰まって炎症を起こしたものです。そのニキビが治ったあとに残ってしまうのがニキビ跡ですが、実はニキビ跡にも毛穴は関係があります。

 

まず、ニキビの原因は過剰な皮脂分泌にあります。皮脂が過剰に分泌されてしまう原因として、乾燥が挙げられます。肌にとってはダメージとなる乾燥によって、肌のバリア機能として皮脂が分泌されます。

 

そのため、肌が乾燥すればするほど皮脂は分泌され、過剰分泌されてしまうのです。さらに、肌の表面が乾燥すると、肌の内側の水分が蒸発してしまい、表面は皮脂によりベタつくのに内側は乾いてしまっているという「インナードライ」の状態になります。

 

インナードライ肌では、毛穴は常に開きがちとなり、汚れが溜まりやすく、皮脂め過剰に分泌されているためニキビが出来やすくなります。そしてニキビが治ってもインナードライ肌が改善できなければ、ニキビ跡と毛穴の開きという2大トラブルを抱えることになるのです。

 

ニキビ跡のケアとしては、美白などに重点を置かれがちですが、インナードライ肌のニキビ跡ケアでは、毛穴を引き締めるケアが必要です。また、インナードライ肌の人は皮脂を抑えようと保湿を怠って逆効果になっている人が多くいます。乾燥を防がないとインナードライ状態も毛穴の開きも改善されないため保湿も大切です。