ケロイドになってしまうニキビ跡とは

ケロイドになってしまうニキビ跡とは

ニキビが炎症して治ったあとも、その赤みが残ってしまい、ケロイドのような状態でニキビ跡が残ってしまうことがあります。かなり気になるケロイドのニキビ跡ができてしまう原因は、ニキビの炎症が重度であったことにあります。

 

重いニキビの炎症では、表皮が破壊されるだけでなく、毛穴全体を破壊されてしまいます。このよ深部までダメージを受けてしまうと、なかなか回復が出来ない状態となり、コラーゲン組織が正常に再生されず、その部分が隆起してしまうことになるのです。

 

また、ケロイドのニキビ跡には、肥厚性瘢痕のケロイドと、真性のケロイドと二種類が存在します。

 

肥厚性瘢痕のケロイドとは、前述のように肌を一生懸命生成しようと過剰な分泌がされてしまったためにケロイドのように隆起してしまったもので、真性のケロイドは、ゆるやかに起こるケロイドで遺伝的な体質が関係しており、小さな傷でもケロイドが起こることもあります。

 

どちらのケロイドにしてもニキビ跡になってしまった場合、セルフケアでの改善は非常に難しいとも言われています。しっかりと治すためには皮膚科クリニックでの治療が有効です。皮膚科では、一般的には、内服薬として抗アレルギー剤のリザベンが処方されます。

 

しかしケロイドのニキビ跡は放置することによって、段々と抗アレルギー剤のリザベンが効かなくなってしまうことがあるため、出来るだけ早く皮膚科での治療をはじめることが大切です。その他の治療方法としては、炎症を抑えるためのステロイド系を使用したり、血行を促し凝固を防ぐヒルドイドを使用したりすることもあります。

 

ステロイドは軟膏または注射の場合もあります。ケロイドの盛り上がった場所に、直接ステロイドを使用することで、膨らみを平坦化させます。さらに、レーザー治療やケロイド部分を切除して縫い合わせると言う方法が取られることもあります。

 

また、皮膚科での治療とあわせて自分でできるケアもしっかり行いましょう。まずは、食事などの生活習慣を見直して、肌のターンオーバーを正常化すると言うことが大事なことになります。